会津古流整体

目安時間2分

※本メルマガは会津古伝整体の会員さまにも送らせていただいております。     さて、いつか再開しますと言っておりました実技講習会ですが、本年11月より再スタートします。   第8期まで実技講習会を開催、その後一時中断し、通信講座として第4期まで募集させていただきました。   結果として約12年間続いたわけですが、最近実技で付け加えたいこもあり、また再構成した…

 この記事の続きを読む   

死に際の気滞

目安時間2分

先日、おじさんの死に立ち会う機会がありました。   84歳でした。   かなりお世話になった方なので、葬儀も最後までお見送りさせていただきました。   その死に際して、不謹慎かと思いましたが、よい機会だと考え、望診をさせてもらったんです。   すると気滞はまったく無いんですね。   突然倒れて、意識不明。病名は脳出血だったのですが、どこにも気滞はな…

 この記事の続きを読む   

脈が脾虚だからといって、証も脾虚とは限らない

目安時間3分

一定の脈状に対して証(あかしと読む、診断名みたいなもの)が決まっていて、それに伴う主治穴(使用経穴)も決まっています。   ですから診断即治療なのですが、それだと単なるパターン治療になってしまうと思うのです。   経絡治療のある日の勉強会でこんなことがありました。   被験者Aさんは症状としては「肩こり」と言われました。 その体質は本来、脾虚で、その時の脈も脾虚の脈状…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

易と望診術

目安時間3分

今回はちょっと変わった例を紹介します。   易占の研究をされている方で、気流診の基礎練習での気の通る感覚を、易断(実際の占い)に利用できないかという相談でした。   易では、自の意識を気の世界に飛ばして神託を得るのだと言われているそうです。 その飛ばす先は易者さんによって表現が違うそうですが、それこそ潜象界ではないかと。   そこで気流診に興味をもたれたそうですね。 …

 この記事の続きを読む   

和伝整体(望診を基本とする整体技法)の真髄

目安時間2分

受講者さんから開業のご報告です。   3月2日にオープン、基幹の型とほぐしを中心に施術されるそうです。 以下、原文のまま   踏み切った理由は友人知人に練習台になってもらった結果、 ・医者が質問するくらい湾曲した背骨が真っすぐになった。 ・レントゲンで頸椎の一部が歪んで神経に触っているので痛み止めをもらっていた人が治った。 ・首の曲げ加減で肩に電気が走る症状が治った。 ・股関節…

 この記事の続きを読む   

1 2 3 39
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ