和伝整体(望診を基本とする整体技法)の真髄

目安時間2分

受講者さんから開業のご報告です。

 

3月2日にオープン、基幹の型とほぐしを中心に施術されるそうです。

以下、原文のまま

 

踏み切った理由は友人知人に練習台になってもらった結果、

・医者が質問するくらい湾曲した背骨が真っすぐになった。

・レントゲンで頸椎の一部が歪んで神経に触っているので痛み止めをもらっていた人が治った。

・首の曲げ加減で肩に電気が走る症状が治った。

・股関節痛の人が身体が軽くなったと喜んでくれた。

・両肩の骨頭付近に激痛のある人が治った。

等、先生に教えていただいた手技の凄さに自信をつけ、これはやるしかないと決断しました。

営業は今からなので、あせらずに進めていきます。物がいいので自信を持てます。ありがとうございます。

 

まずは開業おめでとうございます。

ご活躍を期待します!

 

この方が効果をだせるのは、おそらく素直に、動画そのままを施術しておられるからでしょう。

らくっとの回復整体技法は力を入れるとうまくいきません。

ついつい矯正しようとして、力で押さえようとする方が多いのですが、それだと効果が逆にでないんですよね。

 

動画そのまま、力を入れずにする、それがコツです。

だから「和伝整体」は即日修得可能としているのです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ