望診法・実技講習会について(0)

目安時間4分

まず、今回加わる「10秒筋トレ」についてです。

 

私の中では施術の両輪の一翼でして、簡単な例でいうと、どんなに施術で回復させても、また無理な動きで壊していくのでは、それこそ賽(さい)の河原です。

この筋トレの基本は脱力と重心の安定で、慢性疲労、慢性疼痛の原因となり、現症状の回復を阻害している「なにか」を改善するための自己調整トレーニングです。

 

誰でもできるように1回の練習時間は約10秒、動作は日常動作のみとなっていて、複雑な動きや筋力の必要な動きはありません。

 

力を抜いて、ゆっくり動くことで、身体内部感覚を養います。アウターマッスルは脱力し緩める、インナーマッスルは再鍛錬し動く筋肉を取り戻す、その過程で体のコアをつくっていくトレーニングです。

※その一部は「1日で望診を修得できる身体操作」でも使います。

 

このトレーニングは練習動作=日常動作なので、コツを修得すれば日常がイコール練習になりますから、出来ない、時間がないということがないのが利点です。

 

昔は、スポーツ選手が怪我をすると「練習でおきた怪我は練習で治せ」と言われました。

それは怪我を我慢して練習を続けろという意味ではなく、なにかしら無理な、不自然な動作の結果の怪我なのだから、フォームなりを良く見直せという意味だと思っています。

 

それと同様に日常生活や仕事からくる慢性疲労や関節痛はやはり日常を変えていく必要があります。だから基本動作は日常動作のみとしているのです。

 

ちなみに全課程の修得項目は8項目で1回の練習時間は約20分。週1回なら約2か月で終了です(2か月で修得できるという意味ではありませんが)。

 

いくつかの会員さん治療院でお試し募集してみました。ちなみに私のところで受講費無料で100通ほどDMを出してみました。結果17人応募があり、最後まで継続できた人が12人、さらに10人がそのまま患者さんに移行し定期的に通っていただいています。

 

やり方はいろいろあると思います。もちろん有料で募集しても良いかと思います。

10秒筋トレ、覚えるのは簡単ですから1日講習で終わると思います。

 

その時使用したDMのサンプルもお渡ししますので、ぜひ自身の治療院集客などでも活用してください。

なお、10秒筋トレは「らくっと整体オリジナルメソッドコース」に含まれます。同講座参加者はあらたに申し込む必要はありません。

 

なお、以前に教材(通信講座)と、実技講習を両方受講していただいた方は再申し込みの必要はありません。

参加費もいただきません。無料です。

もし都合がよろしければ復習のつもりで参加していただければと思います。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ