望診法・実技講習会について(1)

目安時間4分

次に「ていしん」の実技も加えると言いましたが、

「ていしん」による施術ですが、基本的に「銅のていしん」と「亜鉛のていしん」の2本をセットで使用します。

 

銅がプラスで陽の反応点、亜鉛がマイナスで陰の反応点にそれぞれ当てて、気を流す(イオン差を利用)ことで、一種の経絡治療をおこないます。

皮膚接触だけですので、鍼が怖い人にも使用できます。

 

効果は鍼ほどダイレクトではありませんが、そこが逆に良いところで、その治療点が正しいかどうかのテスターとしても使えます。

 

もちろん、「ていしん」だけで施術しておられる先生もいますから、効き方は鍼よりマイルドですが、主力施術としても使えます。

 

以前、有川先生の勉強会で同席させていただいた古川正明先生(サポートの先生のお1人、福岡市で開業)は、この「ていしん」の達人です(後日、あらためて紹介させていただきます)。

 

施術道具が二本の金属の棒(長さは7センチ程度)ですから、持ち歩いて、いつでもどこでも施術可能という便利性もあります。

 

この「ていしん」は治療家の手を修得する練習方法としても重要、

 

整体における施術点、矯正点を見つける上でも重要(のちのち、整体技法とも関わってきます)、

 

練習だけでなく、ていしん主体の施術もできる、まさに万能の施術技法といっても良いでしょう。

 

ですから、ぜひ「ていしん」を取り入れていただきたいと思い、今回の講習会の練習内容に加えることにしました。

 

また、「ていしん」は奇経治療にも多用されています。

奇経治療とは経絡治療の一種ですが、症状によって組み合わせる経穴が決まっていますので、覚えて即実践できるというメリットがあります。

 

足の捻挫に申脈(銅)-後渓(亜鉛)とか、風邪に照海(銅)-列缺(亜鉛)の組み合わせのように痛む場所、症状で定型パターンでの施術となります。

 

私はこの奇経治療を鍼灸治療成立過程で過去の先生方が気滞調整の過程で出現率の高い経穴の組み合わせを経験則で残されたものだと理解しています。

 

気滞が分からないとき、施術点の特定ができなかった頃には多用していました。

 

もちろん望診で気滞の位置が特定できて、「治療家の手」による施術点の選定ができればなお良いのですが、それができるまでの緊急時に、また練習としても覚えておいて損はないと思います。

 

奇経治療のテキストも配布しますので、「ていしん」と合わせて常備しておけば、いざとうときに助けになるかもしれません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ