10秒筋トレについて

目安時間4分

10秒筋トレについて

1、筋トレには2種類ある

一つは「重り」や体重をかけて筋肉を太くする筋トレ

⇒一般的で効果も大きいが、筋肉や関節を痛めることもあり、

トレーニングを止めると、元に戻ってしまう

もう一つは、筋肉の動きを滑らかにする筋トレで、これが10秒筋トレの基本になります。覚えるのに時間がかかりますが、一度覚えてしまうと、トレーニングを止めても元にもどってしまうということがありません。一度覚えれば、筋肉もその動きを忘れないからです。

2、滑らかに動くとはどういうことか?

弓の弦が筋肉だとすると、少ししか引けないのが動かない筋肉。

大きく引けるのが滑らかな筋肉です。

もちろん、大きく引けたほうが、矢は遠くまで飛びます。

つまり大きな力がでるということです。

10秒筋トレは筋肉が本来もっている能力を引き出すことであって、

無理な練習で筋肉を太くすることではありません。

 

3、重要な基本事項三つ(簡単なようで難しい)

力を抜く(意外と力が抜けないものです)

自然な形で動く(自然な動きは痛みがでません)

力を入れずに動く(力を抜いて、自然な動きをするということです)

 

4、最初に覚えておくこと

「筋肉は無数の筋繊維がスライドするように動く」

「筋肉が縮む方向は一方向のみ」

「意識を集中すると血流が良くなり、動きが滑らかになる」

※これを昔の人は「意を通すと気が通り、気が通ると血が通る」と表現しました。

 

5、10秒筋トレの概要

第1段階 まずは1つ1つの筋肉の動きを練習します。

第2段階 各筋肉を連動させて、いろいろな動きを練習します。

第3段階 力を抜く、練習をします(これが一番難しいかも)

この基本を約半年間で覚えていただいて、あとは1~2年かけて日常

の中で練習していきます。

 

6、第1段階の練習内容

骨格と筋肉の位置(解剖)を覚えます(イメージするためです)

そして、筋肉の動きをイメージしながら(意識を集中して)、その

筋肉をゆっくり動かします。

集中してやれば1回10秒くらいで終わります。

1日1回で十分ですので、そのかわり集中して実践してください。

 

7、日常動作以上のことはやりません

のちのち、筋肉を連動させて動く練習をしますが、基本的には

立つ、座る(椅子か正座)、歩く、寝る、寝返りを打つ、後ろを振り返る、手を伸ばして物を取る、体を丸める、の8種類の日常動作だけです。

理由は継続できなければ意味がないから、です。

日常動作がそのまま練習になりますので、できない、やらない、時間がとれない、ということが起こりません。

 

なので、誰でもできますし、継続もできます。

 

8、例えば太極拳のこと

太極拳を見たことはありますでしょうか。

「型」の練習では、ゆっくり、力を入れずに動きますが、太極拳は本来格闘技であり武術のはずです。

ゆっくり動いて、練習になるのでしょうか?

 

じつは、あれも筋肉に滑らかな動きを学習させ、関節の自然な位置や角度を確認しながら動いているんです。

いついかなる時でも、歳をとっても、動けるように。

 

日本の空手の型のなかにもゆっくり動く型があります。もちろん同じ理由です。

 

10秒筋トレでは、特別な「型」はありません。

日常動作が、そのまま「型」となります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ