「見」の技法

目安時間2分

古伝整体術には「見」の技術というものがあります。

 

見て、診断する、という技術です。

 

気流診、古伝望診法に通じるものがあります。

 

当講座でも時々紹介させていただいている会津古伝整体にも見の技術が伝わっており、見て、その体の歪みのポイントを感知するという技術です。

 

ですが、それも古伝望診法と同様に、ほとんどの流派では、その修得過程は記録されていないんですね。

 

では、どうやって修得したのか?

 

 

これも想像するしかないのですが、おそらく見取り稽古です。

 

ただ、師匠の施術を見ていなさい、という見取り稽古で修得されたようです。

 

ですが、その方法では弟子全員が修得するのは難しいと思われます。

 

なので、当講座ではなるべく具体的な修得(練習)方法を提示し、みなさん全員が望診の技術を修得できるようにしていきたいと思います。

 

幸い、会津古伝整体には、その見の技術の練習方法が残されています。

 

当講座でもその練習方法を取り入れていますので、このメールのなかでも一部を公開させていただこうと思っています。

ではまた。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページの先頭へ