師匠を超えたか?

目安時間2分

 

こんにちは。

 

本日は私事です。

 

今年の春の話です。

 

6年間ほど、望診の応用方法について検証していた件があったんですが、

ついに・・・断念するに至りました。

 

うまくいったら、みなさんにプレゼントしようと思っていたのですが・・残念!

 

でまあ、少々落ち込んでいたわけで、次の目標というか、テーマはまだ決めていません。

 

さて。6年分の検証記録となると、事細かに書き込んでいたわけではないので、初期のころの記録をみても「なにをやろうとしていたのか、わからない!」

 

思い出せない、いや、笑うしかない。

 

でも師匠もこんなことを言っていたんです。

 

師匠の昔の診療記録ノートを見て、私が「これはどういう目的だったんですか?」と聞くと

昔すぎて覚えてない、なにかやろうとしてたんだろうね、と。

 

おーっ!一緒だ!

 

師匠を超えたか?ってことはないですね。

 

ただ、もう1歩、先に進みたいと思っています。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページの先頭へ