望診のときに意識を置く場所

目安時間2分

(質問)

 

望診時には胸に意識を集中するのが良いのですか?

 

(回答)

 

少し補足させていただきます。以前に望診のときは胸の感覚を最も重視すると書きました。

 

その理由は有川先生の結論だということもありますが、自分でもいろいろ試してみて、胸が一番良かったからです。

 

眉間でもなく、丹田でもなく、胸の感覚です。チャクラとの関係性を質問されたこともありますが、それは私にはわかりません。

 

さて、胸は感覚器として用います。例えば、ものを触るときの触覚器としての指先と同じです。

 

そのときに意識を集中するのは指先ではなく対象物です。それと同様に意識を集中する場所は胸の感覚ではなく、対象物です。

 

胸の感覚にとらわれすぎると、自己の内部感覚に惑わされて、正確な判断ができなくなるので注意が必要です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ