望診チャレンジ第2弾 解答

目安時間2分

前回の練習題の解説です。

 

陽気滞と答えるかたが若干多かったように思います。

 

ですが、これは陰気滞です。

 

私も最初陽気滞で施術して悪化させてしまったので、間違いありません(笑えない・・・)

例題としてだしているのは、だいたいが間違えやすい例か、珍しい例です。

 

今回のは間違えやすい例でした。

 

望診すると、じつは陽気滞でもひっかかるんですよね。

 

なので、この方は陽気滞だと早合点されることもあるでしょう。

 

でも、ちゃんと陰気滞も見ようとして望診すると、陰気滞のほうが反応が強いんです。

こういう場合は反応の強いほうで施術します。

 

ですから、正解は陰気滞です。

 

みなさんもご注意くださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ