桜井章一氏と気の感覚訓練

目安時間2分

気流診は基本的に有川先生の始原東洋医学をテキストとしていますが、その成り立ちは有川先生のそれとは、実は違うものなのです。

 

わたし独自に気感獲得の練習を追求していた過程で、その練習方法として一番参考にしていたのは、じつは桜井章一という方の教えでした。

 

桜井章一氏とは雀鬼会の桜井氏のことです。といっても私自身は桜井氏の弟子でもなんでもなく、ただ桜井氏の著書や講演での教えを参考にしていただけです。

 

もっとも、そこにたどり着くまでに気功や武術など、いろいろな過程を踏んでおりますが・・。

 

だから、このメルマガでもときどき桜井氏の言葉がでてくるのです。

 

ただ、桜井氏はあくまで麻雀の世界の方なので、医療における気感、望診の具体的な応用や練習方法としては有川先生の始原東洋医学が直接的で、その内容すべてが参考にできるものではありました。

 

なので、もし興味があれば桜井章一氏の著書も参考にしていただければと思います。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ページの先頭へ