超重要参考書籍!

目安時間1分

(質問)

人と自然とのかかわりに興味があり、療術家への道を歩んでおります。人の中の自然、そのための望診法、それらを学ぶためにおすすめの参考書がありましたら、教えてください。

 

(回答)

 

まずは望診法習得のための唯一の1冊です。

「始原東洋医学」有川貞清著 高城書房


 

そして個人的にどうしても手放せない1冊。

「原初生命体としての人間」 野口三千三著 岩波書店

上記の2冊はいまでも時々読み返し、ヒントをもらい、また改めて学んでいる書物です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ