経筋の望診

目安時間2分

前回と前々回のメールに対してのご質問を受けましたので、回答です。

 

(質問)

私は整体を業としているものです。~中略~

 

前回、骨折部位を病巣として感知している。

そこまではよいのですが、はっきりと感知できるものは気滞ではない事が多い、ということでしたね。

 

私は望診の真似事をしていて、よく広範囲にラインのようになにかを感じ取ることがあります。

 

~中略~

 

それが体の歪みだと思って、施術していたのですが、これは気滞ではなく、なんらかの病巣?なのでしょうか?

文章だけでは伝わりにくかもしれませんが、わかる範囲でお答え願えればと思います。

 

 

(回答)

これは、私の経験と同じ現象かもしれません。

 

私も整体の練習を中心にしていたころ患者の体にラインのようなものを感知していました。

 

これを有川先生に問うたところ、それは経筋を感知しているんだ、と言われました。

 

ご質問をされている先生が感知しているものが、病巣となっている筋肉か、もしくはそれに関連する経筋かは、分かりませんが、経絡ではなく、筋肉だろうと思われます。

 

整体関連の仕事をされている方には多くみられる例です。

 

ただ、イメージでない以上は、そこから施術点は導き出せると思います。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法「講演」プレゼント!

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法の真実を語る講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ