脈診マスター法(前編)

目安時間4分

脈のその先にある「気」の流れを感知するのは望診法

しかしながら、望診法を修得する前に脈診に頼らざるを得ないのも事実です。

 

「気」の動向を探るには、脈が比較的「気」に近い存在であるからです。

 

脈診を学ぶ

脈診をこれから学ぶという方に

 

脈診は難しい、どうやって学んでよいかわからない、という方が多いと思います。

 

脈にも顔と同じように相や表情があります。

 

質問ですが、あなたは他人の怒っている顔と笑っている顔の区別がつきますか?

 

まあ、ほとんどの方が「分かる」と言われると思います。

 

脈を診るのも、顔の表情を区別するのと変わりません。

 

つまりいろんな人の表情(脈)をみて覚えること。

 

まずは健康人の脈をよく観て覚える。

 

次に病んでいる人の脈を観て違いを感じること。

 

それだけです。

 

健康人と病人の脈の違いは?

 

脈管の形、脈の流れや勢い、など違いを説明するのは簡単なようですが、じつは言葉で表現するのは難しいのです。

 

顔の表情を言葉だけで説明できますか?

 

例えば、怒っている顔。

 

えっ~と、まず目の毛細血管が充血していて、口輪筋が緊張して・・・・・わかりにくいですよね。

 

それに言葉で覚えると間違う可能性があります。

 

とにかく健康人と病人の脈を覚えて、それが健康な脈なのか、異常な脈なのかを判別できれば第1段階としてはOKでしょう。

 

脈を押さえる力はマシュマロが半分くらい潰れる程度の圧。

 

最初は浅いところ、深いところなどと考えず、まず脈相を観る。

 

顔の表情を見るように。

 

それだけで良いです。

 

 

気滞を調整する経絡治療が圧倒的な効果をだせる理由

経絡治療は、なぜ圧倒的な効果をだせるのか?

 

経絡治療では脈を重視しますが、その理由は気の変動をうかがうためです。

 

気そのものは、ダイレクトに観察できませんが、その「気」がだんだん象(かたち)をまとい、姿を現したものの一つが脈なのです。

 

ですから、脈の動向から「気」の変動をうかがうのです。

 

そして、その「気」の変動は皮膚接触による鍼でしか調整できない部分があります。

 

深く刺入する鍼とはまったく目的が違うのです。

 

深刺の鍼で調整している「気」とは種類が違うものを取り扱っていると考えていただいてもかまいません。

 

皮膚表面からの気の調整をしたほうが効果がだせる疾患が多数存在します。

 

だから適応症であれば圧倒的な効果がだせるわけです。

 

経絡治療はあなたが現在実践されている治療体系を邪魔するものでも否定するものでもありません。

 

それどころか、あなたの施術能力の幅を広げてくれるものとなることと思っています。

 

あなたの施術体系にぜひ、皮膚表面からの気の調整を取り入れてみませんか?

   未分類   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法基礎講座プレゼント

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法基礎講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ