高血圧と気滞との関連

目安時間4分

平均寿命と健康寿命の差が10年以上あることを書きました。

 

つまり平均で10年以上は寝たきりか要介護状態で過ごすわけです。

 

そう考えると、日本の高齢者は決して豊かな生活ができているとは思えません。

 

それに、日本の寿命は本当に伸びているのでしょうか。実は少子化も影響しているようです。乳幼児死亡が減れば、平均寿命は延びますからね。

 

そこで、健康寿命を延ばすことを考えなければならないと思うのですが、それに気の感知技法が役立てないかと考えています。

 

症状があっても経絡に異常がでない場合もある(すでに自然治癒のベースに乗っている場合)、では逆に症状が無くても気滞が生じる場合もあるのか、というとあるんですね。

 

すでに自然治癒、恒常性維持に異常が生じている場合です。

 

ですから、症状がなくても定期的に通院していただいて、気の流れを診るということは予防につながるとも言えます。

 

 

           例えば血圧について

 

そうは言っても、やはり自身の健康管理が最も大切なことには変わりありません。

 

最近、血圧を単純に下げることへの警告がしきりに言われています。それも高圧剤を処方する医師からの警告です。

 

どういうことかと言いますと、それにはまず何故、血圧が上がるのかということを考えなければなりません。

 

そもそも高血圧だと言われると単純に悪いことだと思われがちですが、血圧が上がるのは全身に血液を送るためなのですから、高血圧は体にとって必要なことでもあるのです。ですが、脳梗塞などの血管障害を恐れるあまり、必要な圧力を下げてしまうと、体の隅々に血液(酸素のや栄養など)が行き届かないということになってしまいます。

 

年齢を重ねると、体が硬くなります。

 

硬くなれば血液の流れが悪くなるので、心臓は圧力を上げて、全身に血液を送るのです。

 

さて、その必要な血圧を下げてしまうと、どんな悪影響がでるのでしょうか。

 

血液が行き届かないと、体の細胞が酸素不足、栄養不足になり機能が低下しますし、また白血球不足によって、免疫力も低下します。その結果、癌や感染症、また認知症などになりやすくなってしまいます。

 

ですが、血管障害も怖い、なりたくない。ではどうしたらよいかと言いますと、高圧剤で無理やり血圧だけを下げるのではなくて、全身の血流をよくする方法をとれば良いのです。そうすれば、血圧はあがる必要はなくなり、自然に血圧は下がっていきます。

 

その具体的な方法は、まず体を温めること、適度に体を動かすことです。単純ですが、もっとも効果的な方法です。血管は筋肉の中を通過していきますから、体を動かし、筋肉を動かせば、そのポンプ作用によって、血流が良くなります。

 

次に、油の摂取、砂糖の摂取を減らすことです。

 

この二つを減らすことは血管内部の掃除につながります。シンクや風呂のパイプが詰まっていたら嫌ですよね。

 

自分の血管ならなおさら綺麗にしておきたいところです。流れる水は腐らない、流れる血液は健康寿命を延ばしてくれます。

 

また、このような高血圧の場合、動脈硬化が心臓の血管で進行していると、その部位付近に気滞を感知しやすくなります。

   未分類   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法基礎講座プレゼント

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法基礎講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ