オーリングテストについて

目安時間2分

本日はご質問への回答です。

「お世話になっております。講座も終わりに近づき気滞の難しさを感じます。筋反射テストやオーリングテストで気滞を触ってもらってテストすると陽性反応はあるんでしょうか?」

 

まず、講座はまだ終わりじゃありませんよ!(笑)

少し伸びておりますが、これから有川語録の解説にはいりますからね。

 

私がまがりなりにも気滞を感知できるようになるまで、めざしてから10年は試行錯誤、有川先生に出会ってコツを教えていただいてからでも2年近くかかっています。

 

それから使いこなす(実用レベル)まで、どれくらいかかったでしょうか。まあ、私は才能が無いほうでしたからね。

いまも試行錯誤、修行途中です。

 

ちなみに有川先生のお弟子さんの中で1年でできるようになった方は1割いません。2~3年でできれば優秀、ほとんどの方は5年以上かかっていますから。

でもあきらめずに続けた方は必ずできるようになっています。

頑張ってください。

 

講座もこれから気滞感知の本格的な解説に入っていきますからね。

 

さて、御質問の件ですが、筋反射テスト、オーリング、その他入江FTなども原理的には同じかと思われますが、

気滞の感知とも非常に関係性が強いものです。

 

有川先生は初期のころこれらを詳しく研究されておりました。

著書の始原東洋医学でもかなりのページを割いて、これらと気滞の関係性を解説されています。

 

気滞を触って(解消してから)テストをすると、オーリングの反応も変わるはずですよ。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ