一具体便是錯

目安時間2分

「一具体便是錯」

 

少しでも具体的になれば、それは間違いである、という意味の言葉です。

 

気を感知するための望診法の練習で役に立ったものの一つに「韓氏意拳」という中国拳法の話をしましたが、役立ち度ではベスト3で、重要度はとても高いものでした。

 

といっても拳法の型そのものが役に立ったのではなく、その流派のもつ術理(考え方)です。

 

その一つが上の言葉なのですが、定型化すれば能力が限定されてしまう、それはダメだと言っているのです。

 

じつは韓氏意拳では決まったパターンの、いわゆるコンビネーションなどのようなものはありません。ただ自分を表現しなさいと言います。

 

「動作を覚えても能力は養われない。ただ自分のもっているものを表現する、表すべきは自身の能力だ」

 

そして、

 

「その能力が高度になれば、自然と高度な表現ができる」と。

 

さらに言われたことは、

 

「経験ではない、気づきなさい」ということです。

 

あくまで自然に伸びやかに、動けと。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページの先頭へ