会津古流整体

目安時間2分

※本メルマガは会津古伝整体の会員さまにも送らせていただいております。

 

 

さて、いつか再開しますと言っておりました実技講習会ですが、本年11月より再スタートします。

 

第8期まで実技講習会を開催、その後一時中断し、通信講座として第4期まで募集させていただきました。

 

結果として約12年間続いたわけですが、最近実技で付け加えたいこもあり、また再構成したい部分もあり、実技講習会再開は必要に迫られておりました。

 

改変部分は気流診だけでなく、会津古伝整体の修得方法、また回復整体の理論部分など多岐にわたります。

 

根幹技法としてはそれぞれ通じる部分があり、まったく別個に修得すことは効率も悪いと感じておりました。

 

会津古伝整体の修得には「見の技法」としての気流診が必要であり、その気流診の修得方法は回復整体の基礎理論からくるものだからです。

 

それぞれが補う形となり現在の私の施術形式となっています。

 

いままでは全く別講座としてきました気流診、会津古伝整体、回復整体ですが、それらを統一して学ぶ講習会にしたいと思います。

 

詳細は、来月早々にはご案内させていただきます。

 

ではまた。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ