基礎講習動画について

目安時間3分

先の基礎講座動画見ていただいてますか。

 

いかがだったでしょうか。

 

いろいろな感想を持たれたと思いますし、
反論を持たれた方もおられるかもしれません。

 

ですが、気の世界は本人の感知能力以外に
その存在を確かめる方法がありません。

 

そして、感じ方によっては、違う風に見えるかもしれません。

 

気の世界に興味を持つきっかけは人それぞれだと思います。

 

ただ、その気の世界が同一のものかどうかということになると、
もしかすると、人によって違うのかもしれません。

 

鍼灸でいう気、気功でいう気、ヨガでう気、武術でいう気とは、同じものを指すのでしょうか。

 

私の現時点での結論は「違う」です。

 

目で見える世界が現象界、
目で見えない気の世界が潜象界。

 

これは確かだと思います。

そしてそれはほぼ同じ位置に重なって存在していて、
かつ潜象界は現象界を包括している。

 

気は血の師という言葉がありますが、現象界での実体の動きに先んじて
まず気が動く、それが潜象界でのことで、それが実体となる現象界と
繋がっている。

 

そこまではどの気も同じなのではないかと考えています。

 

武術でもそうですよね。

鍼灸も同じなんです。

気は血の師ですから。

 

ただ、その気の世界には階層があるように思います。

 

現象界に近い気、純粋な気(表現として正しくないかもしれませんが)。

そして、どの階層にアプローチするかによって、
その観察者に見える気の世界が違うのではないでしょうか。

 

 

気の世界のことは、現時点ではすべて仮説です。

 

しかし、原初感覚による気の感知能力は気の世界への
アプローチ方法として、確かな手ごたえを感じさせるものです。

 

私はその能力をもって、気の世界へ挑戦したいと考えています。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページの先頭へ