望診の応用法について

目安時間2分

さて、遠隔望診を含め、気流診にはどんな応用方法があるのか?というご質問をいただいております。

 

前回、いまは言えません、と書いたからでしょうか(笑)

 

正直に言いますと、どんな応用方法がるのか私も模索中なんです。

 

で、例えばなんですが、易聖と呼ばれた高島嘉右衛門先生の著書を読んで思ったことを書きます。

 

「易とは神と人とが交話をする術であります。自分が神ありと断言できるのは百占して百中するからであります~」とあります。

 

ここでいう神とは神様の神ではありません。

 

神の語源からいうともともとの意味は自然の大いなる力(法則)の意味で、特定の神様のことを言っているのではないのです。

 

そして、その神を昔の人はいろいろな表現方法で呼びました。

 

「潜象界」もその一つではないでしょうか。

 

高島先生は間違いなく潜象界との交流ができた方だと思うんです。

 

ちょっと強引かもしれませんが、潜象界とのつながりを持つことによって、百占百中の易占の技術を修得できるかもしれませんね。

 

潜象界との交流と、は自然の法則の流れを感知する技術。

 

であるなら気流診の応用方法は無限だと思っております。

 

そして、それをなにに応用するかは、みなさんの自由です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ページの先頭へ