歳をとって得るものはあるのか?

目安時間6分

歳をとると、本当に偉くなるのか?

 

50歳になって思うことは、歳をとったからといって、落ち着きがでてくるわけでもなく、知恵がつくわけでもなく、偉くもなっていないということです。

 

子供のころに見た大人というのは無条件で「出来た人」「偉い人」でした。

でも、自分がなってみると違いますよね。

 

自分だけかと思うのですが、周りの友人もみな同じことを言います。

 

出来た人になったのではなく、単にうまく立ち振る舞う方法を学んだだけ。

知恵がついたのではなく、少々の知識が増えただけ。

 

偉くなったのではなく、仕事をまかされ、お金をもっているというだけ。

ただ、それだけなのです。

 

ではさらに20年後、30年後、歳をとって得るものってなんでしょうか。

 

まわりのお年寄りをみていると、とても辛そうにしている方が多い。

 

介護され、痴呆を発症し、または寝たきりになるひともいます。

 

歳をとって、いいことなんて、なにもないのかもしれません。

 

 

歳をとることは減っていくことを受け入れること

歳をとると、出来ることがだんだん減っていきます。

 

軟骨も減り身長も減っていきます。

 

無くなっていくのです。

 

なにが?と言われれば、それは生まれたときに持って出たエネルギーでしょう。

 

それが尽きると、死を迎えるわけですが、それまではただ減り続けます。

 

それを受け入れることができれば「枯れた人」にはなれるでしょう。

 

でも受け入れられずに、

 

例えば、死というものは単なる日常なのに、受け入れられずに常に「生」に固執し、死を受け入れない。

 

それを仏教では渇愛と言いました。

 

受け入れることができなければ、それは苦しみにしかなりません。

 

なので、出来ないことが増えていく、出来ることが減っていくことをまず受け入れましょう。

 

そこから第1歩が始まります。

 

減っていくことで増えていくこと

なら、歳をとっていいことなんて何もないのか、というと1つだけあるのです。

 

陰陽マークを覚えていますか?

 

この陰陽の円は循環しています。

 

上にいくと極陽、下にいくと真っ黒になり極陰といいますが、

 

よく見ると一方が減ると、もう一方が増えています。

 

なら、これを人の一生に当てはめるとどうなのでしょうか。

 

 

生まれて持っているエネルギーは現象界におけるエネルギーです。

 

それが減ると増えていくのが潜象界の「気」のエネルギーです。

 

いや、正確に言うと、現象界からの影響が減っていくことで、

 

潜象界へのアクセスがしやすくなると言ったほうがいいかもしれません。

 

 

荒々しい、現象界での活動力が減り、精微な潜象界での活動領域が増えていきます。

 

名人芸、達人芸というのはこういうところから生まれてくるのだと思います。

 

現象界からの影響が強すぎる時期は潜象界の気を上手に利用できません(例外もありますが)。

 

ただ、そのためには老いるまでに潜象界の気を感知できるための原初感覚を身につけておかなくてはなりません。

 

だから潜象界を学ぶ必要があるのですが、

 

現象界への固執、無くなっていくものに対する執着、渇愛が捨てられないと、潜象界を感じ取ることができません。

 

するとどうなるのか。

 

現象界では否応なく減り続け、本来なら歳を重ねて増えるはずの潜象界の気が増えずに、苦しむことになります。

 

なぜ苦しむのかと言うと、

 

自然の理に反しているから。

 

陰陽マークのように循環するのが自然の理であるならば、現象界に執着せず、

 

潜象界への入り口を目指す必要があるのではないでしょうか。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページの先頭へ