経絡ってあるんですか?

目安時間2分

本日はご質問への回答です。

 

とてもシンプルな質問で、「経絡ってあるんですか?」という一言だけでしたが、以下、回答です。

 

経絡はなんらかの形で存在する情報系のシステムだと考えられます。

 

情報系ですから、物質ではありません。ではそう言い切ってよいのか?ということですが、現時点ではそうとしか考えられません。

 

なんらかの物質(気)ではないのか?という先生もおられますが、そう考えると遠隔望診や、写真でも望診が可能な理屈が分からなくなります。

 

次に既存の経絡図ですが、これはあくまで目安だと思っています。

 

なんらかの病変に対してそれを解消するべく現れる経絡と経穴(反応点)の出現率の高いものを表したのが現在の経絡図、経穴図だと考えています。

 

ですから実際の施術においては経穴図どおりの取穴ではだめな場合もあるでしょうし、経絡に沿って鍼をする、といっても既存の経絡図に従わない場合も出てくると思います。

 

それから、繰り返しになりますが、経絡学説というのは、ある現象に対しての仮説です。あくまで仮説です。念のため。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ページの先頭へ