経絡は人によって見せる姿が違う

目安時間2分

このようなコメントをいただきました。

 

以下、

特に「経絡経穴は観察者(施術者)の能力によって、その見せる姿を変えると思われます」

というところは、私も似たようなことを思っていたため、拝読して嬉しくなってしまいました。

 

私もこのような方にコメントをいただけて嬉しく思います。

 

気の感知能力は人のもつ原初感覚です。

 

ですから本来、誰もがもっている能力なので、基本的に誰でも修得可能です。

 

ですから人によっては練習なしでもそういった能力を発揮されている方もおられるでしょう。

 

以前紹介させていただいた仙台市の経絡治療家、

菅原先生も「治療がうまくいったときには患者が輝いて見える」と言われます。

 

この先生も原初感覚の強い方なのでしょうね。

 

有川先生が気の感知能力獲得のための訓練方法を一切残されていないのは、そういったことかもしれません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ページの先頭へ