脈診上達法

目安時間4分

本日はご質問への回答です。

 

①練習について
未だに「なんとなく」さえわからない状態です。練習時間は、長いほうがいいのでしょうか?現在、1日5分程度練習しています。また、練習時は「感じよう感じよう」と意識した方が良いですか?早く上達するコツなどありましたら教えてください。例えば、満腹時は感じにくい、パソコン等からは少し離れた方がいい、等々。

 

②鍼灸について本講座と直接関係ないですが、脈診上達法を教えてください。また、鍼灸で刺針深度はどのように決めていらっしゃいますか?「なんとなく」わかるようになるのでしょうか?鍼灸学校を卒業して8年程になりますが、卒業以来鍼灸実務から遠ざかっておりました。今般、ようやく本格的にやっていきたいと考えるに至り、ご相談させていただくものです。

 

 

以下回答です。

確かに早い方だと、すでに気の感覚を得ておられるようです。

 

ですが、修得スピードにはかなり個人差があります。人が本来持つ原初感覚が気の感知能力ですから、原初感覚が薄れている人ほど、修得が遅くなります。ですが、本来あるはずの能力ですから、必ず修得できるはず。なので、あせらず努力を続けてください。

 

講座スタートから3カ月ですが、よほど原初感覚に優れた方でなければ、修得できていなくて普通です。1年かかって気を感じる、2年目でその気の流れを追う、3年目で応用が効く、を目指してください。

 

我々の先輩で10年かかって修得された方がおられます。学びはじめたのが60歳後半だったと思います。

 

練習時間は長ければ長いほどよいのですが、集中もせずダラダラやっても意味はないので、短時間でも集中できる時間で練 習された方が良いと思います。長時間(30分~1時間)が無理なら、5分単位をこまめにとって練習時間を増やしてください。

 

また力は抜いたほうが良いのですが、気を感知しようとする意念は常にもたなければなりません。意念がなければ気の感知はできません。

 

体調は重要です。満腹時、パソコン作業の疲労時などは避けた方がよいでしょう。

コツは「力を抜く」ことです。

 

さて、鍼の深度についてですが、気の調整においては鍼の角度と方向性が重要なので、私は鍼を置いた時に「気の走る方向」で決めています。これも気の感覚ができてくれば修得していただけると考えています。

 

次に脈診ですが、私も最初の ころは望診とそれに対する施術がうまくいったかどうかの判断に脈が整ったかどうかを参考にしていました。ですが今現在は使っておりません。

望診と手の感覚で気の流れを追うことができるようになったので、脈診の必要性が無くなったからです。

 

脈診上達方法ですが、脈診は上手な先生について練習するのが最も早道です。

 

なんでも同じなのですが、上達の近道は「実践」の一言に限ります。

 

まずはやってみて、自分のなかで感覚のデータの蓄積(つまり経験)をおこなうことです。

 

ただ、そのやり方は基準となるものが必要です。それが脈診でもよいのですが、時々中医学、時々トリガーポイントというのではデータの整合性がとれませんから。

まだ始まった ばかりですよ。がんばってください!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページの先頭へ