魔除け

目安時間2分

ご質問への回答です。

 

「相手からもらっった邪気をうまく払うにはどうしたらよいでしょうか」

 

という内容ですが、まず邪をもらう、という言い方を私はしません。

 

なにか物質的なものを体内に取り込んだような表現になるからです。

 

私は、相手の自然に反する気の流れ(=邪気ということですが)に自分の気の流れをシンクロさせてしまった状態と考えています。

 

つまり、もらった何かを払うのではなく、良くない方向に合わせてしまったベクトルを正常な方向へ戻してやるのが「邪を払う」ということだと考えています。

 

で、どうしたらよいかですが、簡単にいえば自然に触れ合えば良い、ということになります。

 

立禅などで、大木の近くで行うのは自然の良い気(の流)に合わせようとする意味もあると思っています。

 

なので、なるべく良い気を発している木や植物、太陽に触れ合うのが良いと思います。

 

魔除けの札や、石などの器具もそうした意味のもとでつくられたのだと思いますので、

良い器具があれば、そうしたものを利用するのも良いかもしれません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ