施術の圧の強弱について

目安時間2分

いただいたご質問への回答です。

 

(質問)

気の感知にはまだ程遠いですが、その人に合った圧というものがあると思うんですが

・・・(中略)

波が激しくて、よくわかる時とわからない時とあります。

 

陽の人と陰の人もありますか?陰の体質の方は圧が取りにくい気がします。

 

 

(回答)

気流診では治療点(経穴など)に対して圧の他に方向性、角度をそれぞれ変えます。

 

どういいう基準で変えるかと言うと、気が通るかどうか。

 

それによって刺激量の強弱も変えています。

 

なので、その人に合う圧(刺激量)を見極めるという事は、気の感知能力を磨くことにもなると思います。

 

感知する気滞、反応点いずれも感知しにくい時もあり、また反応の弱いときもあり、さまざまです。

 

でも感じたありのままを判断結果とするのが良いと思います。

 

決してしてはいけない事は、イメージや先入観をいれてしまうこと。

 

ですが、陽だから反応がとりやすいとかは、ありません。

 

たまたまそういうケースが続いただけではないでしょうか。

   気の治療   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法「講演」プレゼント!

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法の真実を語る講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ