消えない気滞

目安時間2分

本日はご質問への回答です。

 

(質問)

気滞?だと思われるものを感知できてはいるものの、それがうまく消去できるときは効果もあるのですが、どんなに反応点を追っても消去できないときがあります。

 

それどころか、うまく反応点がとれないときもあります。

 

これは気滞消去治療の適応外ということでしょうか。

 

(回答)

これは、少し高度な質問になりますね。

 

気滞があって、施術の対象外になることは、確かにあります。

 

ですが、それは特殊な出現をする気滞の場合で、普通の望診で感知する気滞で対象外になることは、ありません。

 

では、なぜ消えないのか、うまく反応点が取れないのかと言いますと、その感知している気滞がイメージで作りだされたもの、もしくは気滞ではなく病巣そのものを感知しているケースだと思われます。

 

イメージの場合は反応点がうまく取れません。とれたとしても気滞に変化が見られない場合が多いです。

 

病巣の場合はそれ自体は変化しませんが、反応点はとれるので、効果はでるはずです。

 

気滞感知の能力ができてきたなら、次の段階、真正の気滞か、イメージの気滞か、病巣か、それらを判別する段階に進んでいるという事ですが、じつはその段階がもっとも長く、また悩みます。

 

がんばってください!

   気の治療   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法「講演」プレゼント!

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法の真実を語る講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ