病巣と気滞

目安時間2分

前回のメールに対してのコメントを1つ紹介させていただきます。

 

以下

(前半省略)

病巣そのものを感知している~という解説に非常に得心のいった事がありました。

 

ある患者さんに気滞らしきものを感知したのですが、反応点をとっても効果がいまひとつ、さらには気滞も消えない。

 

はっきりと気滞を感知できているのに、なぜだろうと考えながら施術を繰り返し、しばらくたって、その部位が骨折していることが判明しました。

 

つまりそれは気滞ではなかったということですよね。先生の言われる「病巣」を感知していたということだと思い、非常に納得しました。

 

(後半省略)

この方は一般受講生の方なのですが、非常に学習が進んでおられるようですね。

 

ひとつ気になったのは「はっきりと気滞を感知しているのに」という部分です。

 

気滞ははっきりとは感知できないのです。

 

前回のメールの補足になりますが、形まではっきりと感知するような場合は病巣かイメージです。

 

気滞はただそこに「ある」という以外は表現方法がなく、色も形もはっきりとは現れません。

 

そのあたりを今後の参考にしていただきたいと思います。コメントありがとうございました。

   気の治療   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法「講演」プレゼント!

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法の真実を語る講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ