経穴刺激と物理刺激の違い

目安時間3分

さて、本日はご質問への回答です。

 

1期生の方から、少し高度な内容の質問した。本人の了解を得て公開させていただいております。

 

(質問)

気滞がなんとなく「ある」と感じる場合と、はっきり硬く?形をもって感じる場合とがあります。

 

後者は先生の言われる病巣もしくは筋、経筋などかと思うのですが、それでも反応点はとれるとのことでしたので、そこから切経して施術点を求めました。

 

ところがある日、同じ患者で実体のほかに「ある」と感じる気滞を少し上に感じたのです。

 

そこから得られる施術点は実体から得られる施術点とは違いました。

 

そこでその施術点を用いて治療をすると、しばらくして腹痛を訴え(下痢)トイレにかけこむという事態に。

 

これはいったい、どうしたことなのでしょうか。

 

(中略)

実体から得られる施術点でも効果はでていましたが、気滞から得られる施術点を用いると、こんなにも差がでるものかと、いまさらながら驚いております。

 

 

(回答)

この方とは何度かメールのやりとりをしまして、その結果、その反応で良かったのだという結論にいたりました。

 

おそらく、むくみなど水滞がある患者さまなので、下痢というのは正常な反応だったのではないかと思われます。

 

なお、この方のいう治療とは鍼灸治療で、鍼は接触のみですから、お腹に物理的な強刺激を与えたわけではありません。

 

施術のたびに腹痛を訴えていたようですが、回を重ねるごとに腹痛は減り、それに比例して下肢のむくみ、痺れといった主訴も改善に向かっているようです。

 

さて、実体から切経して得られる施術点と、気滞から切経して得られる施術点とで、ここまで差が出ることは少ないのですが、なくはありません。

 

なので、切経のみでも治療はできますが、正確な気滞の位置が判別できると、また違う効果が期待できるかもしれませんね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ