邪気を受けるということ

目安時間2分

(質問)

経絡治療では気を取られ過ぎると疲労していまいます。

 

脈診の段階でも同じような事になります。

 

望診も患者に気を取られてしまうのではないでしょうか。

 

それを防ぐ手段はありますか。

 

(回答)

私は気は取られるのではなく、相手の気の波長にシンクロしてしまうのが疲労の原因だと考えています。

 

患者に気を取られる、邪気をもらう、とよく言われていますが、望診において「疲労」するということはありません。

 

これは望診練習のチェックポイントでもあるのですが、望診は基本的に「楽」です。

 

もし「疲労感」や「辛さ」を感じるのであれば、その望診はやり方が間違っています。

 

望診は気持ちも体も楽な状態でしなければ、うまくいきません。

 

よく、施術していて邪気をもらうとか、悪い気を受けてしまうというひと、自分の気を持っていかれるという人、いろいろおられます。

 

しかし、邪気をもらうことも、気をとられてしまうことも基本的にはありません。

 

だって気は物質ではないのですから。

 

ただ、相手の気の情報系にのってしまうという状態だと思われます。

 

そこは、相手は相手、自分は自分として、常に一線は引いておく必要があります。

   気の治療   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法基礎講座プレゼント

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法基礎講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ