鍼の響きの感じ方

目安時間4分

岡部素道先生

 

前回の日記で書きましたが、鍼の響きは施術者しか感じない。

 

これってどういうことなんでしょう?

 

鍼の響きというものは、言い換えれば気の響きです。

 

つまり気というものは現象(見える世界)のものではなく、見えない世界のものであるために、現象を感知する通常の五感(視覚、触覚など)では感知できない、ということなのです。

 

ですから、五感以外の感覚が発達している方なら受け手でも鍼の響きを感じるのでしょうが、多くの方は感じることはないようです。

 

では施術者が感じるとはどういうことか?

 

「脈を診ていると患者の体の状態が自分の心我が事のように感じる」

 

岡部素道先生のお言葉です。

 

このように、気を診る感覚が発達してくると、患者の経絡の気の動きを感じるようになるのだと思います。

 

それは、もともと人が持っていた特殊な感覚なのかもしれませんし、先の日記に書いたように体の中を探知しようと意識を集中しているうちに獲得した能力かもしれません。

 

本当のところは分かりませんが、なんらかの感知能力は確かにあるようです。

 

そして程度の差はあれ、そういう能力がないと経絡の調整はシステムに頼らざるをえません。

 

そこが経絡治療の難しさだと思います。

 

経絡と漢方

体の感覚を敏感にすることによって、ツボや気のルートを発見していった。

 

そう仮定するとして、経絡や経穴の発見と同時に、そして経絡・経穴とは別に発見されたものがある。

 

それは、「くすり」となる植物や鉱物などの薬効です。

 

それがのちの生薬(漢方薬)となります。・・・いや仮定ですが。

 

それらは実際に服用して効果を試していったのではないと思います。

 

精製剤(いわゆる現代医薬品)は実際に動物実験をしてデータをとり、人体で臨床データをとり医薬品としての認可をうけますよね。

 

かつての生薬はおそらく気に敏感体質となった人たちによって口に含んだだけ、はなはだしい場合は手に持っただけで効果を実感できたと思うのです。

 

つまり体に触れただけで、患部に響きを感じる、そして効果があるなしを判定していく。

これはツボの作用と同じです。

 

そこで鍼灸漢方同一論が生まれたのではないでしょうか。

 

とすると、漢方薬の成分分析をして適応症を決めることは本来の使用方法とは違うのかも知れませんね。

   気の治療   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法基礎講座プレゼント

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法基礎講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ