東洋医学と潜象界

目安時間3分

気の世界である潜象界と現実世界の関係

人が五感で感じ取れる現実世界を現象界といいます。

 

象(かたち)が現れている世界です。

 

それに対して、五感では感知できない象(かたち)が潜んでいる世界を潜象界といいます。

 

 

では、潜象界とは、現象界と反対側の世界になるのか、というと実はそうではないのです。

 

潜象界は現象界とまったく同時に同じ空間に存在しながらも、五感では感じ取ることのできないだけで、感覚的には現象界を包み込んでいるのが潜象界とも言えます。

 

 

潜象界はいわゆる「気の世界」であるとも言われています。

 

 

ただ、いまのところすべてが仮説であり、それを数値化、もしくは映像化して確認する方法がありません。

 

唯一、確認する方法があるとしたら、それは人本来がもっている原初感覚を呼び覚ますこと。

 

この原初感覚は気を実感として感知することが可能で、その原初感覚をもってすれば、潜象界での気の動きを捉えることができるからです。

 

潜象界からの情報はいまのところ、原初感覚を持つ者でしか感知できず、またその気の動きは言葉では表現できないために、感覚を共有することもできません。

 

そのデータもまた共有できないのです。

 

ですから、潜象界そのものが感知する者の主観でしか表現されず、それゆえにいろいろな表現方法が試されました。

 

その結果、摩訶不思議な世界として認識されるに至ったのですが、感知できる者にとっては確かに存在する世界なのです。

 

さて、そんな潜象界の世界を現実生活にどう応用するのか?

 

感知できない、見ることも触ることもできない世界のことなど、関係ないではないか?

 

いえ、そうではないのです。

 

潜象界での出来事は現象界と直接繋がりをもっているのです。

 

その潜象界からの情報は現象界で起こっている事象に先駆けて動き、その潜象界の動きが具現化されて、現象界で実体としての動きに繋がっているとされています。

 

ですから、潜象界での出来事は決して無視してよいものではありませんし、

 

関係なくもありません。

 

むしろ、潜象界でのことを良く知り、理解しなければならないものなのです。

   潜象界   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法基礎講座プレゼント

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法基礎講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ