気流診の応用

目安時間2分

本日は気流診の応用方法についてです。

 

受講者の中には治療家以外の方もおられまして、どんな方がおられるのかといいますと、

 

易の勉強をされているかた、

 

FXや株などの投資に応用されているかた、

 

自己の身体開発に応用されているかた、

 

禅や瞑想などに応用されているかたなどがおられます。

 

他にもおられるのかもしれませんが、私がメールで相談を受けたのは以上の方々です。

 

普通レベルの質問なら、ここで情報共有させていただくのですが、高度なことになると、初級者にはまったく理解不可能かと思われます。

 

なので、このメルマガではそんな応用方法もあるのだ、という紹介程度にとどめます。

 

他にどんな事に応用可能なのかはまったくの未知数ですが、潜象界は現象界と表裏一体、また有川先生は潜象界に現象界は包括されると言われていました。

 

ならば、その応用方法は無限にあるかと思われます。

 

ですから、あなた自身が取り組んでいることで、治療以外のこんなことに応用してみたい、というのがあれば、お気軽にメールしてください。

 

気の世界がどこまで奥行があるのか、どこまで広がるのか、私自身まだ入り口に立った状態だと思っております。

 

次回から、そういった実例(治療に関しても)を公開していきますので、みなさんもどんどん応用してみてください。

   潜象界   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ページの先頭へ