気滞とは?(続き)

目安時間3分

じつは、私は有川先生を天才だとか、超人だとかは思っていないんです。

 

という発言をすると、有川先生のお弟子さんたちからは怒られそうですね。

 

でも有川先生がなぜ気の感知ができるようになり、それを体系化することができたか?

 

私個人的には、それは有川先生の特別な知識や、天才的なひらめきからではないと思っています。

 

ではなにか、ということを考えると、そこが気滞感知のコツにつながるのですが、私は有川先生が超現実主義者だったからではないかと思っています。

 

言い換えれば、有川先生は現実を「ありのまま」に捉える能力が優れていたということ。

 

 

 

 

普通の人は同じ環境にいても、その環境、目の前の事実をどうとらえるかは各自の脳の捉え方で見え方まで変わってしまうそうです。

 

つまり、自分の脳で自分だけの世界観をつくりだしています。

 

それが自己実現とも自己確立とも言われるものですが、それは学習や修得した技術、知識体系にも反映されています。

 

もっと簡単に、わかりやすく言うと、「こうあらねばならない」というルールを作り出しているという事です。

 

 

そのために、そのルールに不都合な事実は認識しえないか、無視するか、もしくは強引に既存のルールに当てはめてしまいます。

 

有川先生の凄さは、いままで学んだ西洋医学(外科)という絶対的な権威をもつルールを持っていながら、それに合わない事実を事実として認識したところにあると思っています。

 

その現実をそのままとらえる能力こそが、気滞感知のコツではないかと考えます。

   潜象界   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
古流望診法基礎講座プレゼント

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法基礎講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ページの先頭へ