経穴刺激と物理刺激の違い

 
目安時間3分

さて、本日はご質問への回答です。   1期生の方から、少し高度な内容の質問した。本人の了解を得て公開させていただいております。   (質問) 気滞がなんとなく「ある」と感じる場合と、はっきり硬く?形をもって感じる場合とがあります。   後者は先生の言われる病巣もしくは筋、経筋などかと思うのですが、それでも反応点はとれるとのことでしたので、そこから切経して施術点を求めま…

 この記事の続きを読む   

   気の治療   0

現代医学と古代望診法

 
目安時間2分

本日はコメントへの回答です。   (質問) 鍼灸学校で、いろんな知識を詰めれば詰めるほど、気流診で言われていることから、遠ざかっていってる気がしてます。   手かせ足かせをはめられてく様に。     (回答) お気持ちはよくわかります。   かつて自分も同じことを思ったことがありますから。   でも、今となってみれば、鍼灸学校の勉強ですが…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診法の応用

 
目安時間3分

気流診(気の望診法)の応用について 今後紹介していこうと考えているのと同時に正規受講者さんへの追加コンテンツにしていこうと思っています。   気を感知できた、さて、その応用は?となったときにやはり具体例があったほうが分かりやすいと思うからです。   1つは鍼灸への応用 ここでの最大の利点は治療点(経穴)の選別に迷いがなくなることです。   禁灸点の選別にも役立ちます。…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

気と重力

 
目安時間2分

さて、私が気流診修得に姿勢や脱力を重視しているのはご存知かと思いますが、その理由は大きく2つあります。   その1つを簡単に解説します。   それは、自分の内側を細分化して観察することで、「微小な差異」に敏感になる訓練をすることです。   瞑想でも内側に向かう方法と外側に向かう方法があるようですが、その内側に向き合う方法をとっています。   ※外側に向き合う…

 この記事の続きを読む   

「棟梁」を読んで(続き)

 
目安時間3分

小川さんはこうも言われています。   「弟子も材料の木もみな不揃い。不揃いのものの1個1個、一人一人を活かして総持ちで作り上げるから丈夫で美しい建物が建つ」のだと。   「人も組織も生もの。腐らせないためには常に不揃いがいいのだ」   「単純は強いわ。人も建物も図面も、単純できれいに無駄のないものじゃなくちゃだめだな」   「その人が完成してから任せたらだめ…

 この記事の続きを読む   

   未分類   0

「棟梁」小川三夫著を読んで

 
目安時間3分

この本は、雑誌「道(どう)」に掲載された宇城憲治師範(古伝空手)との対談で知りました。   小川さんは、宮大工の棟梁であり、何人もの職人の大工をたばね、数多くの建物を作ったばかりでなく、多くの弟子を育てた師匠でもあります。   仕事、学ぶこと、教えること、教わることの本質的なことを語っている良書です。   もつとも記憶に残る言葉は「言葉にできんことを覚えてもらうには、…

 この記事の続きを読む   

   未分類   0

始原東洋医学「有川貞清」先生

 
目安時間5分

有川先生と私の望診法の違い ※画像をクリックすると、アマゾンの販売ページに移動します。 私の望診法は有川先生から学んだものに間違いありません。また、望診技術のレベルでは有川先生にはまだ遠く及ばないことも自覚しています。   では、有川先生と私との違いは何かといいますと、まず大きく違うのが有川先生は姿勢や体調に関してはとくに注意されなかった点です。 私はとくに姿勢、脱力を重視しています。 …

 この記事の続きを読む   

鍼灸真髄 澤田健著

 
目安時間6分

この本は鍼灸を目指すきっかけとなった思いで深い本です。   一気に読み、また繰り返し読みましたが、なぜか臨床には役立ちませんでした。   なぜかと言いますと、澤田流鍼灸術は、まずは澤田先生の手指のようにすぐれた指頭感覚があるということが前提としてあるからです。   いわゆる「治療家の手」です。   澤田先生は腹診を重視されたようです。 まず、丹田(関元付近)…

 この記事の続きを読む   

   気の治療   0

施術の圧の強弱について

 
目安時間2分

いただいたご質問への回答です。   (質問) 気の感知にはまだ程遠いですが、その人に合った圧というものがあると思うんですが ・・・(中略) 波が激しくて、よくわかる時とわからない時とあります。   陽の人と陰の人もありますか?陰の体質の方は圧が取りにくい気がします。     (回答) 気流診では治療点(経穴など)に対して圧の他に方向性、角度をそれぞれ変えます…

 この記事の続きを読む   

   気の治療   0

気滞と鍼灸治療

 
目安時間2分

本日は鍼灸師さんからのご質問への回答です。   (質問) 陽反応点、陰反応点に全部お灸で対処するとどうなりますか?   また、「ていしん」ではなく、普通のステンレス鍼で、対処するとどうなりますか?   (回答) まず陰点(マイナス点)は禁灸穴となります。隔物灸程度なら良いですが、火傷の残る透熱灸だと、症状が悪化します。   身を持って体験しているので間違いあ…

 この記事の続きを読む   

   気の治療   0

「気づき」と望診法の練習

 
目安時間2分

気を感知する初歩訓練「気づき」 いきなりですが、何度も同じミスを繰り返しているな~と思ったことはありませんか。   もしあるなら、それは注意力、観察力の不足ですよね。   気を感知できるかどうかも、その注意力、観察力をどれだけ発動できるかによります。   気は微小な反応しかみせませんから、わずかな差異を感知できないと、感じ取ることがきでないんです。   また…

 この記事の続きを読む   

古流望診法「講演」プレゼント!

下記メルマガに登録していただいた方に、古流望診法の真実を語る講座(講義動画約1時間)を無料配布しております。ぜひご視聴ください。

 

望診法「気流診」メルマガ登録フォーム

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページの先頭へ