癌の気滞

 
目安時間2分

今回は私の体験談です。   しばらく前に腰痛の治療に来られた患者さん、男性、76歳。   主訴の腰痛とは別に、望診ではおなかに「癌の気滞」が感知したんですね。   症状としては、便秘気味だがいつものことだ、とのことであまり気にされていない様子でした。   でも気になったので、一応病院で検査を受けるように言ったんです。   で、検査の結果、異常なし。…

 この記事の続きを読む   

   気の治療   0

「見」の技法

 
目安時間2分

古伝整体術には「見」の技術というものがあります。   見て、診断する、という技術です。   気流診、古伝望診法に通じるものがあります。   当講座でも時々紹介させていただいている会津古伝整体にも見の技術が伝わっており、見て、その体の歪みのポイントを感知するという技術です。   ですが、それも古伝望診法と同様に、ほとんどの流派では、その修得過程は記録されていな…

 この記事の続きを読む   

桜井章一氏と気の感覚訓練

 
目安時間2分

気流診は基本的に有川先生の始原東洋医学をテキストとしていますが、その成り立ちは有川先生のそれとは、実は違うものなのです。   わたし独自に気感獲得の練習を追求していた過程で、その練習方法として一番参考にしていたのは、じつは桜井章一という方の教えでした。   桜井章一氏とは雀鬼会の桜井氏のことです。といっても私自身は桜井氏の弟子でもなんでもなく、ただ桜井氏の著書や講演での教えを参…

 この記事の続きを読む   

気の感覚がわからない!

 
目安時間2分

さて、気の感覚がわからない、と言われている方へ、   一言でいえば、練習量が足りていないとしか言いようがありません。   例えば、こうお考え下さい。   100点満点で、70点到達で気の感覚が出てくると仮定します。   原初感覚の鋭敏さには個人差がありますから、同じように1時間練習しても1点にしかならない方もいますし、3点になる方もおられます。  …

 この記事の続きを読む   

私の望診練習法

 
目安時間3分

私の望診習得過程はみなさんとは真逆なんです。   最初にひたすら望診→切経(手で治療点を探る)→有川先生の勉強会に参加→電気回路の練習→テキスト(有川先生の著書)を読む→望診についての知識と理解を深める、といった感じですね。   電気回路の練習に手間取っている方が多いように思いますが、たったこれだけのことですが、テキストにすれば紙1枚、動画なら5分で終わってしまう簡単な練習です…

 この記事の続きを読む   

有川先生のされた練習?

 
目安時間3分

電気回路の練習ですが、プラス、マイナスで感覚が違うという先生もおられるのですが、私には違いはあまりわかりません。   同じだという先生のほうが多いように思いますので、そのあたりは、あまり気にせず、練習していただければと思います。   外観的なやり方というのは、完全に視覚に頼ったやり方です。   有川先生がどのように気の感覚を習得されたのか、その過程は誰にもわかっていま…

 この記事の続きを読む   

電気回路の練習について

 
目安時間2分

(質問) 電気回路をつかった練習についての質問です。   ◯「気」の流れと「電流」の流れは似たような感覚ではあるだけで「電流=気」ではない。 ◯ 気の流れをつかむための感覚訓練として、電流の流れを手で感じ取る練習。   とあるのですが   電流をの流れを感じ取る訓練では、どのような意識(イメージ)を持って行うのがいいのでしょうか?   (例えば、電流の流れを…

 この記事の続きを読む   

自分への望診は可能?

 
目安時間3分

久しぶりの配信となります。   今回は質問への回答です。   (質問) ピップエレキバンの練習もいい感じになってきたので   経絡を感じる練習をしたいと思い、ていしんが欲しくなったのですが、ネット検索上で銅はあってもアルミがありません。   どうやって入手すればよいか教えてください。   それと最近感じたのは、毎晩酒を飲む自分が飲酒したあとと、仕事…

 この記事の続きを読む   

望診はどれくらいでマスターできるのか

 
目安時間2分

時々、どのくらい練習したらできるようになりますか?とったたぐいの質問がくるのですが、まず、あなたが目指すレベルにもよるんですよね。   ちなみに実践応用するのならば、あなたが目指すべきレベルは、武道に例えるなら最低でも二段位レベルでなければなりません。   どんな武道も大体同じなのですが、初段はその名のとおり初級レベルに到達した状態。 二段でその武道をやったと言えるレベル。 三…

 この記事の続きを読む   

気流診とは

 
目安時間2分

我々の気流診講習会は故・有川貞清先生の創始された始原東洋医学における望診術の勉強会の一つです。   勉強会は鹿児島、京都、東京、金沢(気流診)でそれぞれ行われておりましたが、有川先生がお亡くなりになり、一部の勉強会は休止中となっております。(現況は把握しておりません)   気流診は自己の原初的感知力をもって、気滞を感知し、気滞の解消をもって病気を治癒に導くことを目的にしておりま…

 この記事の続きを読む   

   未分類   0

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年1月
« 12月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ