東洋医療技術研究会「和流会」とは

 
目安時間2分

東洋医療技術研究会「和流会」主催の講座の統一のお知らせです。   ⇒和流会公式サイトへ   1つめは和伝整体塾です。   古流の整体技法(会津藩に伝承されたもの)を中心とした整体技法の勉強会です。 特徴は古式整体の技法伝承にもありますが、「見の技法」の修得にもあります。   見の技法はおそらく、この会でしか勉強されていないのではないでしょうか。それが最大の特…

 この記事の続きを読む   

硬くなった筋肉を伸ばす?

 
目安時間3分

いくつか似たような質問をいただいております。   1、筋肉の緊張を痛みなくとり、伸びるようにするにはどのような手技がよいでしょうか? 2、固まりのような筋肉に対して、鍼治療以外で対応するにはどのようにしたらよいでしょうか。いまのところ軽擦くらいしかしておりません。   3、50代女性(臼蓋形成不全)と70代女性(レントゲン上異常なし)の二人の片方の膝が90度以上曲がりません。四…

 この記事の続きを読む   

会津和伝整体「見の技法」について

 
目安時間2分

昨日のメルマガでもお伝えしましたが、差異を感じ取る能力を高めることが望診、または見の技法に通じることになると考えています。   ただ、漠然と見ていても分かりません。   なにか1つ、注意深く観察することです。   私が最も参考にしている書籍の一つ、   「原初生命体としての人間」(野口三千三著)には、   「運動能力が高いということは、その動きに必…

 この記事の続きを読む   

日本の未来に思うこと

 
目安時間3分

少子化問題、高齢化社会、新興国の台頭など様々な不安要素が多い昨今ですが、 それらの問題に対して私なりに役立てることは何かを考えてみますとやはり高齢者の健康維持、健康寿命の延長を助けることでしょうか。   これからの日本は高齢者が活発であることが重要かと思っているからです。   健康寿命は男性で約10年、女性で約13年も寿命との開きがあるそうです。   つまり10年以上…

 この記事の続きを読む   

会津古流整体

 
目安時間2分

※本メルマガは会津古伝整体の会員さまにも送らせていただいております。     さて、いつか再開しますと言っておりました実技講習会ですが、本年11月より再スタートします。   第8期まで実技講習会を開催、その後一時中断し、通信講座として第4期まで募集させていただきました。   結果として約12年間続いたわけですが、最近実技で付け加えたいこもあり、また再構成した…

 この記事の続きを読む   

万病を癒す奇跡の石

 
目安時間3分

以前のメルマガでも書きましたが、私は万病を癒す「奇跡の石」を持っているんです。   その石を患部に置くだけで、痛みが取れる、症状が改善する、すごい石です。   この石、欲しい方おられますか?価格は20万ですが、このメルマガ読者限定で10万円です!   さて、よく触れただけで治るとか、1分ですべての症状が改善するとか、すごい施術方法の紹介を見受けますが実際はどうなんでし…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診の練習 解答

 
目安時間2分

おはようございます。   さて、前日の「問題」の解答ですが1枚目の画像は右腰に陰気滞、2枚目の画像は同じ場所に陽気滞が正解です。   施術の違いですが、施術ポイントはほぼ同じです。   ただ、刺激量が陰気滞の場合は腰に強刺激、陽気滞の場合は大腿部に強刺激となっていて、これを逆にするとスムーズな治癒につながりません。   この患者さん腰痛発症から約2か月経過し…

 この記事の続きを読む   

お題の続きです 望診の練習

 
目安時間1分

こんにちは。   昨日は突然の「問題」で失礼しました。   現時点で望診ができる人はぜひやってみてください。   ※今回は正解者プレゼントはありません、すみません(笑)   さて、昨日の続きです。     これは同じ患者さんの2日後画像です。   前回の画像との違いを感知できれば良しとします。

 この記事の続きを読む   

久しぶりの「お題」です

 
目安時間1分

こんにちは。 今日は気滞判別の問題をださせていただきます。       上記は腰痛の患者さんです。   腰に気滞がありますが、それは陽気滞でしょうか、陰気滞でしょうか、という問題です。   気滞が陽か陰かで施術ポイントが真逆になります。   同じように施術してしまうと、逆効果になってしまいますから要注意です。   なお、症状から…

 この記事の続きを読む   

望診法とは?現代の望診法と古代の望診法の違い

 
目安時間2分

古代に存在した「望診法」はダイレクトに気と経絡を見る技術だったのではないかと考えています。   3000年以上前の診察法の言葉に「望んで知る、これ神」という言葉があります。   この言葉は現代では、見ただけで診断ができるのは神様のようなものだ、という意味に解釈されています。   しかし、この言葉がつくられた(約3000年前)当時の「神」という漢字の意味は現代のような神…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

死に際の気滞

 
目安時間2分

先日、おじさんの死に立ち会う機会がありました。   84歳でした。   かなりお世話になった方なので、葬儀も最後までお見送りさせていただきました。   その死に際して、不謹慎かと思いましたが、よい機会だと考え、望診をさせてもらったんです。   すると気滞はまったく無いんですね。   突然倒れて、意識不明。病名は脳出血だったのですが、どこにも気滞はな…

 この記事の続きを読む   

脈が脾虚だからといって、証も脾虚とは限らない

 
目安時間3分

一定の脈状に対して証(あかしと読む、診断名みたいなもの)が決まっていて、それに伴う主治穴(使用経穴)も決まっています。   ですから診断即治療なのですが、それだと単なるパターン治療になってしまうと思うのです。   経絡治療のある日の勉強会でこんなことがありました。   被験者Aさんは症状としては「肩こり」と言われました。 その体質は本来、脾虚で、その時の脈も脾虚の脈状…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

経絡治療を「ていしん」でおこなう

 
目安時間3分

「ていしん」による施術ですが、基本的に「銅のていしん」と「亜鉛のていしん」の2本をセットで使用します。   銅がプラスで陽の反応点、亜鉛がマイナスで陰の反応点にそれぞれ当てて、気を流す(イオン差を利用)ことで、一種の経絡治療をおこないます。 皮膚接触だけですので、鍼が怖い人にも使用できます。   効果は鍼ほどダイレクトではありませんが、そこが逆に良いところで、その治療点が正しい…

 この記事の続きを読む   

10秒筋トレとは

 
目安時間6分

1、筋トレには2種類ある 一つは「重り」や体重をかけて筋肉を太くする筋トレ ⇒一般的で効果も大きいが、筋肉や関節を痛めることもあり、 トレーニングを止めると、元に戻ってしまう   もう一つは、筋肉の動きを滑らかにする筋トレで、これが10秒筋トレの基本になります。覚えるのに時間がかかりますが、一度覚えてしまうと、トレーニングを止めても元にもどってしまうということがありません。  …

 この記事の続きを読む   

易と望診術

 
目安時間3分

今回はちょっと変わった例を紹介します。   易占の研究をされている方で、気流診の基礎練習での気の通る感覚を、易断(実際の占い)に利用できないかという相談でした。   易では、自の意識を気の世界に飛ばして神託を得るのだと言われているそうです。 その飛ばす先は易者さんによって表現が違うそうですが、それこそ潜象界ではないかと。   そこで気流診に興味をもたれたそうですね。 …

 この記事の続きを読む   

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ