死に際の気滞

 
目安時間2分

先日、おじさんの死に立ち会う機会がありました。   84歳でした。   かなりお世話になった方なので、葬儀も最後までお見送りさせていただきました。   その死に際して、不謹慎かと思いましたが、よい機会だと考え、望診をさせてもらったんです。   すると気滞はまったく無いんですね。   突然倒れて、意識不明。病名は脳出血だったのですが、どこにも気滞はな…

 この記事の続きを読む   

脈が脾虚だからといって、証も脾虚とは限らない

 
目安時間3分

一定の脈状に対して証(あかしと読む、診断名みたいなもの)が決まっていて、それに伴う主治穴(使用経穴)も決まっています。   ですから診断即治療なのですが、それだと単なるパターン治療になってしまうと思うのです。   経絡治療のある日の勉強会でこんなことがありました。   被験者Aさんは症状としては「肩こり」と言われました。 その体質は本来、脾虚で、その時の脈も脾虚の脈状…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

経絡治療を「ていしん」でおこなう

 
目安時間3分

「ていしん」による施術ですが、基本的に「銅のていしん」と「亜鉛のていしん」の2本をセットで使用します。   銅がプラスで陽の反応点、亜鉛がマイナスで陰の反応点にそれぞれ当てて、気を流す(イオン差を利用)ことで、一種の経絡治療をおこないます。 皮膚接触だけですので、鍼が怖い人にも使用できます。   効果は鍼ほどダイレクトではありませんが、そこが逆に良いところで、その治療点が正しい…

 この記事の続きを読む   

10秒筋トレとは

 
目安時間6分

1、筋トレには2種類ある 一つは「重り」や体重をかけて筋肉を太くする筋トレ ⇒一般的で効果も大きいが、筋肉や関節を痛めることもあり、 トレーニングを止めると、元に戻ってしまう   もう一つは、筋肉の動きを滑らかにする筋トレで、これが10秒筋トレの基本になります。覚えるのに時間がかかりますが、一度覚えてしまうと、トレーニングを止めても元にもどってしまうということがありません。  …

 この記事の続きを読む   

易と望診術

 
目安時間3分

今回はちょっと変わった例を紹介します。   易占の研究をされている方で、気流診の基礎練習での気の通る感覚を、易断(実際の占い)に利用できないかという相談でした。   易では、自の意識を気の世界に飛ばして神託を得るのだと言われているそうです。 その飛ばす先は易者さんによって表現が違うそうですが、それこそ潜象界ではないかと。   そこで気流診に興味をもたれたそうですね。 …

 この記事の続きを読む   

和伝整体(望診を基本とする整体技法)の真髄

 
目安時間2分

受講者さんから開業のご報告です。   3月2日にオープン、基幹の型とほぐしを中心に施術されるそうです。 以下、原文のまま   踏み切った理由は友人知人に練習台になってもらった結果、 ・医者が質問するくらい湾曲した背骨が真っすぐになった。 ・レントゲンで頸椎の一部が歪んで神経に触っているので痛み止めをもらっていた人が治った。 ・首の曲げ加減で肩に電気が走る症状が治った。 ・股関節…

 この記事の続きを読む   

望診チャレンジ!第4弾

 
目安時間2分

最初に答えを言います。   腰に陽気滞がある患者さんの画像です。   ただ、鍼灸も整体も苦手ということで、「ていしん」でのみ施術しました。上記画像をAとします。   下記画像がBです。   どちらかが、施術前、どちらかが施術後で、ほぼ腰痛も解消された後です。   さて、どちらに気滞があるでしょう。   解答 画像Aが施術前、腰椎3~5付近…

 この記事の続きを読む   

望診チャレンジ!(第3弾解答)

 
目安時間3分

ブログにこのメルマガの過去記事を順次アップしているのですが、今日は気になる記事を公開しました。   通常の経穴刺激と気滞からとった経穴刺激との効果の出方について書いた記事です。   すでに気滞治療をされている方、望診はできなくても「治療家の手」ができている方も実際の施術で経験されていると思います。   気滞からとった経穴、治療家の手を使って切経でとった経穴は解剖学的に…

 この記事の続きを読む   

望診法講座を受講するメリット

 
目安時間3分

私の望診法は有川先生から学んだものに間違いありません。   また、望診技術のレベルでは有川先生にはまだ遠く及ばないことも自覚しています。   では、有川先生と私との違いは何かといいますと、まず大きく違うのが有川先生は姿勢や体調に関してはとくに注意されなかった点です。 私はとくに姿勢、脱力を重視しています。   有川先生がそれを注意されなかったのは自然にできていたからだ…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診チャレンジ第2弾 解答

 
目安時間2分

前回の練習題の解説です。   陽気滞と答えるかたが若干多かったように思います。   ですが、これは陰気滞です。   私も最初陽気滞で施術して悪化させてしまったので、間違いありません(笑えない・・・) 例題としてだしているのは、だいたいが間違えやすい例か、珍しい例です。   今回のは間違えやすい例でした。   望診すると、じつは陽気滞でもひっかかるん…

 この記事の続きを読む   

望診チャレンジ!(第2弾)

 
目安時間1分

      気滞は腰のところにあります。 さて、問題です。 この気滞は、 陽気滞でしょうか? 陰気滞でしょうか? プレゼント付き問題ではないので(笑)、回答は送ってこなくてもよいですが、ちょっと練習として望診してみてください。 解答と解説は次回メールにて。

 この記事の続きを読む   

個人治療院の消滅

 
目安時間4分

先日のニュースでやっていました。   政府がスーパーシティ計画の概要をまとめたという内容です。   ニュースの内容では、スーパーシティに指定された都市では自動化運転自動車のみが走行する街になるということですが、そんな単純な話ではありません。 じつは個人の生活からすべてが根本的に変革してしまうような未来がくるのです。   以前にこのブログのなかで自動化運転とスモールシテ…

 この記事の続きを読む   

   未分類   0

望診チャレンジ回答

 
目安時間3分

おはようございます。まずはお礼を言わせていただきます。   たくさんの回答ありがとうございました。   では、解説させていただきます。 この方の最初の気滞は腰のオレンジで示した位置にありました。   ただ、この画像ではもう感知できません。 施術で消去されているからです。   この画像で気滞が感知できるのは赤丸のところです。   右の足先ですね。 そ…

 この記事の続きを読む   

望診チャレンジ!

 
目安時間1分

画像を望診してみてください。   そこで、問題です。 この方は70歳男性で3年前に右臀部から右下肢の痺れと言う症状があり、複数病院で腰椎脊椎間狭窄症と診断をうけています。 さて、このかたの気滞はどこにあるでしょうか?   多少でも解説を加えていただけると嬉しいです。   では、回答をお待ちしております。  

 この記事の続きを読む   

鍼の響きとは

 
目安時間4分

鍼の響きは施術者しか感じない。 これってどういうことなんでしょう?   鍼の響きというものは、言い換えれば気の響きです。   つまり気というものは現象(見える世界)のものではなく、見えない世界のものであるために、現象を感知する通常の五感(視覚、触覚など)では感知できない、ということなのです。   ですから、五感以外の感覚が発達している方なら受け手でも鍼の響きを感じるの…

 この記事の続きを読む   

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ