気流診でなにができるのか

目安時間3分

結論から言えば「気滞」が解消できる、ということ 気流診は原初医学の診察方法です。   そこで感知できるのは「気滞」です。   それを解消する医学となります。   ですから「気滞」が無い場合は施術の対象となりません。   施術の必要がないというのではありません。気滞解消の施術は必要ない、というだけです。   そこで、「望診法」で気滞が判別できると、な…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

現代医学と古代望診法

目安時間2分

本日はコメントへの回答です。   (質問) 鍼灸学校で、いろんな知識を詰めれば詰めるほど、気流診で言われていることから、遠ざかっていってる気がしてます。   手かせ足かせをはめられてく様に。     (回答) お気持ちはよくわかります。   かつて自分も同じことを思ったことがありますから。   でも、今となってみれば、鍼灸学校の勉強ですが…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診法の応用

目安時間3分

気流診(気の望診法)の応用について 今後紹介していこうと考えているのと同時に正規受講者さんへの追加コンテンツにしていこうと思っています。   気を感知できた、さて、その応用は?となったときにやはり具体例があったほうが分かりやすいと思うからです。   1つは鍼灸への応用 ここでの最大の利点は治療点(経穴)の選別に迷いがなくなることです。   禁灸点の選別にも役立ちます。…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

気滞以外のなにかとは

目安時間3分

本日はご質問への回答です。   有川先生の著書に「気滞以外の気の流れ」という記述がありますが、それはどの様な気のことでしょうか。 また、気が感知できることで、なにができるのでか? 脈診との違いはなんですか?   などいった、質問を複数いただいております。   現象界は目で見えている世界。   気の世界は潜んで見えない世界。   そのもう一つの気の世…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

古流望診法

目安時間17分

藤木実(鹿児島鍼灸専門学校 教諭) 第55回全日本鍼灸学術大会より抜粋 下記は古流望診法についての学術報告を紹介させていただきます。 発表者は藤木実先生です。 まずは、藤木実先生へお礼を言わせていただきます、鹿児島での望診勉強会においては大変お世話になりました。まったくの初心者の私にとても分かりやすく解説していただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。   以下本文です。 …

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

経絡の知識はなくても経絡は見えるのです

目安時間3分

ときどき、「経絡・経穴の知識はないのですが・・・」といったコメントをされる方がおられますが、それらの知識は気流診修得には逆に妨げになることも多く、無いなら、無い方がよいかもしれません。   なぜなら、気を感知するという能力開発において、もっっとも邪魔になるのは先入観だからです。   こういう病態(もしくは証)だから反応点(施術経穴)はここと、ここだろう、みたいな。  …

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

気流診は外気功?

目安時間3分

さて、ご質問への回答です。   「気流診は外気功のようなものでしょうか」   回答です。   「結論からいいますと、違います」   気流診はあくまで気の流れを感知する技術、そして感知した気の流れの異常をどう解消するか、外気功はその手段のひとつです。   私は外気功には詳しくありませんが、そういう位置づけですね。   さて、第2期受講者の方…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

気の望診法

目安時間2分

本日はご質問への回答です。   「望診は服を着たままできるのですか?」という質問ですが、答えは「できます」となります。   ですが、不慣れなうちは迷うかもしれません。   有川先生も最初は患者を下着だけにして望診されていたようですから、できるだけ薄着のほうがやりやすいかと思います。   ただ、望診の感知能力は磁石や電磁波をだすものにも反応しやすいので、 そう…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診とは14(古代の望診法)

目安時間2分

前回のメールで有川先生の「古代の望診はおそらく、このようなものだったのだろう、そうでないと経絡発見の過程の説明がつかない」 というお言葉に、もう少し説明が欲しいとの意見がありました。   まず、有川先生の東洋医学の勉強量ははんぱじゃないです。   晩年、かなり整理された状態で、倉庫いっぱいの鍼灸、漢方関連の書籍の山、また実際に鍼灸師にも学んでいます。   外科医をされ…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

昨日の補足です

目安時間1分

電流の流れの不純物ですから、本当の気の流れと判別しましょうって、さらっと書きましたが・・・。   人によって違うかもしれませんが、実はそれが最も難しく、最も時間がかかります。   なにかを感じ取るところまでは、比較的スムーズにいくんですよね(これも人によって違うかもしれませんが)。   そこから先が長いです、根気がいります。   でも、そこをあきらめずに努力…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診とは13(目を閉じて望診する?)

目安時間2分

本日もご質問に対する返信です。   質問 視覚に頼らない、ということですが、では完全に目を閉じて望診したほうがよいのでしょうか?   回答 それは目の前に対象物(患者)があったとしても、遠隔望診と同じになってしまいますので、 より難度が高くなってしまいます。   遠隔望診の難しさは目の前に対象がいないので、対象が患者(人)であれば、 人型を想像しながら望診しなければな…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診とは12(望診における注意事項その2)

目安時間2分

昨日のメールに対していくつかご質問をいただきましたので、回答させていただきます。   ご質問を要約すると、症状を考えずに診察するのですか、という内容のものでした。   正規受講者の方には動画のなかでも詳しく解説させていただいているので、 ご理解されているかと思うのですが、 気滞をみるにあたって、症状、病態を考慮しないのではありません。   気滞が原因とならない症状もあ…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診とは11(望診における注意事項)

目安時間2分

望診における最重要注意事項です。   1、望診は胸の感覚で感知します。視覚ではありません。   2、あるがままに見ることが重要です。胸の感覚といいましたが、胸のみに偏らず、 対象物(この場合は患者さん)に偏らず、視覚に偏らず、あるがままを見ます。   3、気滞がある場合と無い場合があります。症状がある、ないとは別です。 思い込み、想像を排除するために1回ごとに感覚を素…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診とは10(気滞をただあるがままに見ることの難しさ)

目安時間3分

久しぶり(2週間ぶり?)のメルマガ配信となります。ご無沙汰しておりました。   さて、本日は下記コメントに答えさせていただきたいと思います。   まずはご意見ありがとうございます。   (以下) 人の身体に掌を触れた際に、ときおり身体のなかに線上のルートがまさに「見える」ような感覚があり、 その線上に塊や”わだかまり”のようなものも知覚できたりする事があるのです。 &…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診とは9(秘伝)

目安時間2分

本日はとっても重要な事をお伝えします。   秘伝です(笑)!・・・いや、でも本当ですよ。   望診では胸の感覚で気滞を感知すると言い続けてきました。   胸というざっくりとした表現がすこし混乱を招いているようです。   すでに治療家の手をつくられた方が、 胸感覚修得に挑戦中ですがむねのどこで感じるんですかという質問をいただいております。   胸とは…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ