脈診上達法2

目安時間4分

脈診をこれから学ぶという方に   脈診は難しい、どうやって学んでよいかわからない、という方が多いと思います。   脈にも顔と同じように相や表情があります。   質問ですが、あなたは他人の怒っている顔と笑っている顔の区別がつきますか?   まあ、ほとんどの方が「分かる」と言われると思います。   脈を診るのも、顔の表情を区別するのと変わりません。 &…

 この記事の続きを読む   

脈診上達法

目安時間6分

気は血の師ということ 経絡治療において脈診は重要です。気の変化が少しずつ物質化していき最初に現象としてでてくるのが脈、そして皮膚、筋肉、骨と変化していきます。   ですから脈の変化から気の変化を予測するのが、もっとも気に近い位置からの観察になりますが、脈は気そのものではありません。   ですから気と経絡の変動をダイレクトに感覚として捉える技術の開発が研究テーマだった頃がありまし…

 この記事の続きを読む   

陰の気滞と陽の気滞

目安時間2分

本日もご質問への回答です。   無料講座の方からの質問なので、こちらの通信にのせましたが、かなりハイレベルな質問でした。   「陰の気滞と陽の気滞、両方ある患者がいるように思います。その場合はどちらの気滞を優先すべきでしょうか」   回答です 気滞の強い方を優先します。   つまり術者の感じ方の強い方ということです。両方同じくらいの強さに感じる、ということは…

 この記事の続きを読む   

ゆらし整体「基幹の型」

目安時間2分

今回は2期生からのご質問のシェアです。 「基幹の型の肩関節腕回しの時の静圧の強さはどのくらいが適当なのでしょうか。症状や患者の体格によってかえるのですか?」   これは正規受講者が学んでいる古式整体に関する質問ですが、静圧の力加減というところはシェアできると思いますので、一般通信にて回答させていただきます。   回答 動画でも言っているとおりです、ただ手(術者)の手を置いている…

 この記事の続きを読む   

鍼の刺入深度について

目安時間2分

正規受講者さんからの質問で鍼の深度はどのように決めていますか?という質問がありました。   気と経絡の調整においては重要なのは鍼の向きと角度ですので、深度は皮膚接触だけでも効果がでます。   また刺入した場合でも1~数ミリで十分でしょう。   では深刺しはしないのか、というわけではありません。   経絡は関係なしで、筋肉の硬結などを狙って3寸~5寸の鍼をめい…

 この記事の続きを読む   

気流診における虚実

目安時間2分

ご質問への回答です。   (質問) 「気流診においては虚と実に対してはどのように対処されているのでしょうか。気流診における補と寫はどのようにされているのでしょうか」というご質問です。   (回答) この質問、ありそうでなかった質問ですね。気流診において基本的に虚、実の判定はしません。気滞という「とどこおり」を解消することのみを目的としています。   ただ、その「とどこ…

 この記事の続きを読む   

鍼灸で「シミ取り」はできるのか?(その2)

目安時間3分

以前の記事で紹介しました、気流診と鍼灸を併用した「シミ取り」への挑戦の経過報告です。   下記は以前報告した画像     ただし、これはうまくいっている例です。   もちろん変化に乏しい例もあります。   個人差ということもあるのでしょうけれども、その差に関して専門家のアドバイスが欲しいと思いました。   そこで、知り合いの美容整形の医師…

 この記事の続きを読む   

治るってどういうことなんだろう?3

目安時間4分

続きです   こんな実験をしました。   腰が痛いという被験者(模擬患者)にたいして、一応の歪みの診断を解説し伏臥位で寝ていただきます。そして痛みをとる魔法の小石を腰にのせておきます。   するとどうでしょう、数分後には痛みが軽減しているのです!   この魔法の小石を販売すれば大儲けです。   ただ、問題はこの小石は実験前に道端で拾ってきた、ただの…

 この記事の続きを読む   

治るってどういうことなんだろう?2

目安時間2分

前記事からの続きです   気がいたる(気が補えたら)のを度として抜鍼しろと言うが、気が満ちてくるとう感覚がさっぱり分からない。   そもそも適応側(治療ポイント)の選定ができない。原則に従うか、カンに頼るしかない(だって、気がわからないから)。そんな疑問を抱えたまま、鍼灸から一時離れてしまいます。   柔道整復やマッサージ、整体の技法を学ぶ事にしたのです。 &nbsp…

 この記事の続きを読む   

治るってどういうことなんだろう?

目安時間3分

どうやったら治せるんだろう? そんな視点から、治療技術についての一提案をさせていただきたいと思います。   私は、鍼灸師、柔道整復師として開業させていただいております。現在は「経絡の調整」 「気滞の解消」をテーマに勉強を続けております。   簡単に経緯を申し上げます。 明治鍼灸大学を卒業後、現代医学の物理的な治療法に興味を持てなかった私は、東洋医学的な思想や治療技術に魅力を感じ…

 この記事の続きを読む   

鍼は効きすぎる?

目安時間3分

「鍼は効きすぎるから、ただ刺せば効果がでる。だからデタラメ鍼がまかり通るのだ」 という意見がある。   その言葉の真意はわからないが、私は鍼はただの針金の尖ったものであって、鍼そのものにはなんの効果も無いと思っている。   ただ、その刺激に反応する生体のシステムが優れているのだ。   そのシステムが効率よく働くように鍼をすることが、私が勉強する目的である。 &nbsp…

 この記事の続きを読む   

会津古流整体 熊坂塾でのこと

目安時間2分

会津古伝整体の熊坂先生のもとで見学をしていたころ、熊坂先生は慢性の痛みを訴えてくる方の頭部を念入りにマッサージされていました。   それこそ髪がクシャクシャになるくらいに。   最初はサービスマッサージかなと思っていたのですが、どうも違う。   古い痛みほど頭(頭皮)が硬くなっているそうで、(もしくは逆にぶよぶよ)ここを揉みほぐしておくと良いとのこと。   …

 この記事の続きを読む   

鍼灸で「シミ取り」はできるのか?

目安時間3分

望診法講座を受講されている会員さんからの報告を紹介させていただきます。   テーマは・・・   鍼灸、美顔鍼で顔のシミ取り、です!   まだ症例が少ないので、確実にこうなるとは言えませんが、実際にやってみると、効果がある!   こんな応用法はいままで考えていなかったので、ちょっとびっくりです。       (望診法メルマガより抜…

 この記事の続きを読む   

人の体と治効には思っているほど差異はない

目安時間2分

昨日の続きです。   このようなメールもありました。○○整体(名称はあえて伏せます)のこの技法は別の○○技法と同様に使えるのではないか、とか、この技法とあの技法ではどちらが優れているのでしょう、とか。   似たような技法になるのは当たり前なんです。なぜなら人の体とその治癒の過程から言えば、そんなに差異はないからです。   また、技法の優劣も同様にそんなにはありません。…

 この記事の続きを読む   

ぎっくり腰を1回の施術で治す方法

目安時間2分

さて、このようなメールをいただきました。   「ぎっくり腰を一回の施術で完治する秘密の整体~」という、とある整体に興味を惹かれています~。   といった内容です。   まず、私はぎっくり腰を1回で治せる、というのは100%嘘だと思っております。ちなみに私はぎっくり腰を一回では治せません。   ぎっくり腰は俗称であって、急性腰痛という一種の怪我(=外傷)なんで…

 この記事の続きを読む   

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ