桜井章一氏という超人

目安時間2分

さて、昨日のメールでお伝えした日常の訓練法、なにか実践されましたでしょうか。 その重要性にお気づきになられたでしょうか? 日常生活、普段通りの仕事、なんの変哲もない毎日の繰り返しが、視点を変えるだけで、 または意識を変えるだけでとても重要な練習の場になります。 その視点の変え方、意識の変え方でもっとも参考になったのは桜井章一氏の言葉です。 桜井章一って誰?と思われる方も多いのではないでしょうか。 …

 この記事の続きを読む   

   未分類   0

望診法練習のコツ6(超重要)

目安時間3分

今回は正規受講者様と共有のメルマガです。   もったいぶるわけではありませんが、本メールはとっても重要です!   秘中の秘といっても過言ではありません。   それくらい重要です。   さて日常の望診練習についてですが、有川先生は練習方法についてはなにも残されませんでした。   ですが、有川先生のエピソードの中でひとつだけ気になることがありました。 …

 この記事の続きを読む   

望診練習法5(始原東洋医学)

目安時間2分

前回のメールで有川先生の著書「始原東洋医学」を紹介させていただきましたが、 じつはこの本の中では望診の修得方法やその過程は書かれていません。   秘して書いていないのではありません。   もともとないのです。   有川先生は天才だったのでしょう。   気の感知技術、望診法を自然修得されたので、その練習方法はまったくありませんでした。   そういった…

 この記事の続きを読む   

東洋医療技術研究会

目安時間2分

さて、いきなりですが東洋医療技術研究会としてのメールは本日で最後です。   もともと東洋医療技術研究会のテーマは、「気」とはなにか?そもそも、 そんなものあるのか、ないのか?ということでした。   ここ至って、やはり「気」は存在するという結論に達し、 またその感知方法として望診法があるということもわかりました。   ですから、今後はその「気」なるものを使いこなす、自在…

 この記事の続きを読む   

   未分類   0

望診練習法4(望診法実践講座)

目安時間2分

さて、気を感じる手の作り方、実践しておられることと思います。   その後、いかがでしょうか?   まずは+から-に向かって手を動かす。   それとは違う動きをしたときの違和感を手に覚えさせる。   その違和感ですが、それをどこで感じておりますでしょうか?   前腕や上腕の筋肉ではないでしょうか?   一定の動きに慣れてくると、それとは違う…

 この記事の続きを読む   

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年7月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページの先頭へ