繊細な治療家の手をつくる練習方法の1

目安時間4分

『治療家の手をつくる練習』   私たちの古伝望診法の練習会では、「治療家の手」をまずつくることを目標にしています。   治療家の手とは、気を感じ取れる手のことです。   そのためには気感を得なければなりませんが、それは何かといいますと、簡単に言えば通常なら感じない、もしくは感じ取ってはいてもほとんど無視しているような微小な差異を明確に感じ取る手をつくる練習です。 &n…

 この記事の続きを読む   

1 56 57 58
望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ