望診練習法12(望診法の基礎訓練)

目安時間2分

歩行禅   さて、突然ですが、みなさん歩けますか?   普通に歩けるよっていう方のほうが多いと思います。   でも1歩に30秒くらいかけて、ゆっくり歩いてくださいというと、たいていの方は 体がギシギシ、ふらふらとなるんですよね。   ゆ~っくり歩いても、重心が安定して歩ける方って以外と少ないです。   なんの話かといいますと、「気を見る」条件として…

 この記事の続きを読む   

望診とは10(気滞をただあるがままに見ることの難しさ)

目安時間3分

久しぶり(2週間ぶり?)のメルマガ配信となります。ご無沙汰しておりました。   さて、本日は下記コメントに答えさせていただきたいと思います。   まずはご意見ありがとうございます。   (以下) 人の身体に掌を触れた際に、ときおり身体のなかに線上のルートがまさに「見える」ような感覚があり、 その線上に塊や”わだかまり”のようなものも知覚できたりする事があるのです。 &…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診練習法11(望診法のコツ)

目安時間2分

望診法のコツに関してですが、1つ。   創始者の有川先生は修得過程については語っておられません。   自然にできていたのでしょう。   体の使い方にしても「特に何もしなくて良い」としか言われていませんが、 私のような凡人にとっては体の使い方も重要なコツでした。   体に関しては、とにかく力み、緊張を緩める必要があります。   そして体の軸を保つ必要…

 この記事の続きを読む   

望診とは9(秘伝)

目安時間2分

本日はとっても重要な事をお伝えします。   秘伝です(笑)!・・・いや、でも本当ですよ。   望診では胸の感覚で気滞を感知すると言い続けてきました。   胸というざっくりとした表現がすこし混乱を招いているようです。   すでに治療家の手をつくられた方が、 胸感覚修得に挑戦中ですがむねのどこで感じるんですかという質問をいただいております。   胸とは…

 この記事の続きを読む   

   望診とは   0

望診練習法10(合掌行気法)

目安時間1分

追記です。   講座では治療家の手をつくっているところですが、一つ付け加えます。   といっても講座の動画でも紹介しているのですが、 合掌行気法(西式と同じものです)をやってください。   西式においては約40分1回でよいことになっていますが、 私の経験上1時間を最低2回はやって欲しいと思います。   1時間はつらいですが、一生のうちの1時間です。 &nbs…

 この記事の続きを読む   

望診法「気流診」公式サイト
管理者プロフィール

東洋医療技術研究会

現代表は勝木れい子

鍼灸師(赤門鍼灸専門学校卒)

経絡治療学会の学術部長を経験

のち「気と経絡」の研究に没頭する。

現在は望診法講座「気流診」の講師

最近の投稿
最新情報
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
2019年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ